スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
2011-11-06 A 岡山戦
勝てて良かった…。
いろいろな意味でそう思う。

前半。
ピッチについて言えば、悪かったことは確か。
でも今季よく見たやつだったと思う。
マイボールの時に、クサビのボールを入れるとかサイドでドリブルで運ぶとか、
勇気を持った仕掛けが見えにくいって点は目立ってた。

だけど、実際のところ、仕掛けようがないように見えたよ。
前半の多くの時間で岡山はスペースを消して前向きで守備をしてた。
引いた相手に対してのオフェンスなんて、サッカーの永久のテーマの一つだからね。
加えて今年の岐阜で戦術と呼べるものはショートカウンターだけ。
その中でも、新井とか西川とか、何とかしようとしてたから頼もしかった。

ここで、我々スタンド側について。
低い位置でボール回しが続くにつれて、「前行け」とか「仕掛けろ」とか、
「何やっとるんや」とか「ふざけんな」とかおいコラとかばかかとかふじことかetc…
気持ちはわかるんだけど、ね。
ただやっぱり、それ言っても仕方がないから。
それが効果的だったら歌うのなんかやめて90分間それやるよ。
しかも、そのムードが前半終了までにどんどん増幅されるし。

試合捨ててんじゃねーよ、と。
違ってたら申し訳ないですけど、ぶっちゃけそう思ったよ。
だから後半の開始前にちょっと話をさせてもらいました。

勇気を持って仕掛けてほしい気持ちはみんな一緒。
そのメッセージを込めてチャントやコールを出すから信じてください。
それでも足らんと思ったら引き続き言ってくれて構いません。
90分間しっかり戦うことに喉を使おう。

こんな感じかな。

後半。
みんな切り替えて臨んでくれた。
本当にありがたかったし頼もしかったです。

ピッチも、橋本が入ってポゼッションに余裕が出てクサビもサイドチェンジも効き始めた。
早い時間に押谷が決めてくれて、スタンドに自信と勇気をもたらしてくれた。
(このゴール、現地の印象より録画で見た方がすげーと思うね。)
80分くらいまでずっと岐阜のターン。
だけど、シュートに至るシーンは少ない。
岡山はチアゴが入って、岐阜のラインが下がる。恐い。
ロスタイム、高い位置で奪って前線3人のランと押谷の個人技。
逆転!

勝てて良かったと思う理由。
後半、切り替えて応援が良くなって、それが報われたこと。

少し脱線して大袈裟な話になるけど、サッカーって、成功体験しにくいスポーツだと思う。
一般的に言われる「得点が少なくてつまらない」論とも通じる話。
応援する以上、報われたいと思うよね。
報われるってのは、得点であり、勝利。
例えば、野球だと、得点圏にランナーが出たら30~50パーセントくらいの確率で点が入る。
だから、チャンスだ!ってなってわーっと応援するとけっこう報われる。
バスケとかだと、マイボールの時はだいたい点が入る。
サッカーは、セットプレーでもクロスでも、チャンス作ってもそう頻繁に点は入らない。
リーグ戦だから、リーグ全体における勝ちと負けは同数。
だから大雑把に言えば下半分のチームは負け越し。
つまり、構造的に、下位チームは得点も勝利も少ないから、全然報われないwww

応援を強化したり大きくする上で、成功体験って重要なファクターだと思う。
今回の試合では、その貴重な成功体験を得ることができた。
これは大きいと思う。
「前半ダメでも捨てずに頑張る」ことが必要なときの原動力にできるはず。

あともうひとつ重要なこと。
最下位脱出の可能性が残ったこと。
来週も最下位抜け出せダンマクが出せるよ!
最下位脱出なんて大きい声で言うのは恥ずかしい目標だけど、
上向きの目標が絶えちゃったら本当にしんどいと思う。
モチベーションを自己鍛錬のみ(あと就活…)に切り替えないといけないからね。


たくさんいろいろ書いたけど、いちばん言いたいこと。
ピッチのパフォーマンスがしょぼいからといって、自分たちの好きな応援を、
目指すバモスを手放したらつまんねーよ、ってこと。
ピッチに連動しない応援はあり得ないけど、連動って引きずられることじゃないから。
応援する側は、より強くないとダメだから!
楽しいことしないと時間がもったいないから!
いのち短し恋せよ少女(おとめ)だね。(違うかな…)
スポンサーサイト
11/07 12:00 | match | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 sagami0716 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。